毛穴治療は東京でやった方がいい

毛穴治療の「レーザー治療」と「光治療」について

毛穴の黒ずみは毛穴につまる「角栓」が原因で起こります。角栓とは皮脂などが詰まってできた老廃物です。つまり黒ずみを消すためにはその角栓をどうにかしなければいけません。そこで行われる治療が「毛穴治療」となります。

これには色々あるのですが、毛穴治療で主に行われるのが「レーザー治療」と「光治療」となるのです。レーザー治療とは強めの光を集中的に気になる部分に当て、メラニン色素などを破壊する治療法です。また、刺激を与えることによって自己修復機能を促すため、角栓を出し新しい毛穴に生まれ変わろうとします。そのため毛穴の黒ずみにも効くのです。

しかし、あまりにも刺激が強いため、少し焼けてかさぶたができたりと皮膚にダメージを与えるというデメリットがあります。次に光治療ですが、こちらはレーザー治療よりも弱めの光を全体的に照射し、皮膚の表面部分を治療していくというものです。効果としてはレーザー治療と同じですが、弱い光なので効果も薄いです。そのため、毛穴までに効果を及ぼすためには何度も照射する必要があるというデメリットが存在します。

この二つの違いとしてはやはり「全体」か「部分」かになるでしょう。定期的に毛穴の黒ずみを予防するには断然「光治療」がオススメです。一部分だけを治したいという場合は「レーザー」になるでしょう。逆にしてしまいますと、治療費が大幅に増えてしまうおそれがあります。

そのため、毛穴治療の選択は慎重に行った方がいいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です