ファクタリングなら最短即日での現金化が可能

会社を経営する上で欠かせないのが事業資金の調達です。


上場企業の場合は、公開している株式を売却することで資金を調達することができますが、非上場企業の場合は銀行などの融資に頼ることも多くあります。
銀行からの融資の際には、厳しい審査があり業績自体が好調であっても、事業規模や資本金などが基準に満たない場合は融資を受けられないこともあります。

売り上げ自体は好調で、売掛金が入ってくれば支払いはできる状態であるにもかかわらず、期日までに必要な現金を用意できないことから信用を失ったり経営自体に悪影響を与えてしまうと言うことは、特に銀行からの融資を受けられない中小企業には起こりうる問題です。

ファクタリングのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

そんな中小企業の資金繰りの方法として近年注目を集めているのがファクタリングです。



ファクタリングは会社の売掛債権を買い取って現金化するサービスです。企業としては、手数料を支払う必要がありますが、期日より前に売掛金を手にすることができるので、その時点で支払いに必要な現金を調達することができ、返済も不要なので分かりやすいというメリットがあります。

ファクタリングのサービスを提供する会社としても、資産価値が計算しづらい担保を元に融資を行うよりも、期日になれば決まった金額を回収できる可能性が非常に高い売掛債権を購入する方がリスクは低く、さらに手数料の収入も得られるという、双方にメリットのある取引になります。



最短即日で現金化できるスピーディーさも魅力の1つで、今後中小企業中心とした資金調達の方法として一般的になることが予想されます。