猫・犬用の忌避スプレーは蝙蝠駆除に代用可能

蝙蝠(コウモリ)は、超音波を使って距離やスピードを把握することができるため、車や人間にぶつかることはありません。しかし、蝙蝠も加齢や病気により超音波が鈍ると車等にぶつかるようになります。蝙蝠を吸血鬼と連想する方が多いですが、蝙蝠の性格はおとなしく、人間の脅威になることはありません。野生に暮らす蝙蝠にとって、住処になり得る場所は敵がいない安全な場所、しかし蝙蝠にとって安全な場所が人間にとって必ずしも安全な場所とはならず、蝙蝠の存在に不安を感じる方は少なくありません。

蝙蝠にとっての天敵はフクロウなどの猛禽類や蛇、天敵を飼えば蝙蝠は途端にそして確実にいなくなります。しかし、蝙蝠駆除法として天敵を飼うことは容易でなく、蝙蝠が苦手な方にとってフクロウや蛇の方が脅威です。動物が苦手な方にとってお勧めの蝙蝠駆除法は、蝙蝠が嫌がる匂いを住処や入口付近に散布することです。野生で育った動物は匂いに敏感、そのため煙の匂いも逸早く察知するため火災現場には動物の死体は見つかりません。

蝙蝠も猫や犬と同じく柑橘系の匂い(ハッカなど)が苦手、住処などに柑橘系の匂いを散布すると寄り付かなくなります。都心部では蝙蝠を見つけることが難しいですが、猫や犬の糞尿被害に迷惑している方は多く、猫や犬を対象にした忌避スプレーはドラッグストアでも購入することが出来ます。蝙蝠駆除専用の忌避スプレーもありますが、種類は少なく高価、猫用の忌避スプレーで代用可能です。超音波を使って蝙蝠を追い出す装置もありますが価格は1万円ほど、ペットを飼っている方であれば蝙蝠の住処にペットを放しておくことも蝙蝠駆除に有効です。

ただし、ペットがコオロギやミミズの場合は、蝙蝠のエサになるため不向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です