ファクタリングには種類があることを知っていますか

main-img

売掛債権は既に契約が完了していて、入金待ちになっている債権の総称です。

ファクタリングに関するアドバイスです。

入金待ちになっているので、期日が訪れれば企業の売り上げになるお金でもあり、一般的には数週間から数カ月後には売り上げに計上することができます。
しかし、売掛債権は金額が様々、中には高額なものもあります。

事業資金および運転資金などで売り上げの一部を利用するのが会社経営の基本ですから、高額になる債権を早く回収したいケースも少なくありません。

運転資金が直ぐに欲しいけれども、支払いが行われるのが数カ月後になると資金繰りが厳しくなる時に使えるのがファクタリングです。



これは未払いになっている売掛債権を現金化するやり方の総称でもあり、ファクタリングにはいくつかの種類が用意してある、手法によっては最短即日での現金化が可能になるやり方も存在しているのが特徴です。

支払いを行う側にとって、ファクタリングはどのような影響を及ぼすのか、これを考えた時には2社間と3社間の取引がファクタリングにはあり、支払いを行う側に知られたくない時には2社間での取引が有効です。

これに対して3社間の場合は事務手数料などの諸費用が少なく反面、債権を抱えている側も介入するなどの違いを持ちます。



一般的には、取引先の承諾を得ることができる場合は3社間で行うのが良く、取引先への打診が難しい場合には非通知で買い取りを行うことができる2社間でファクタリングを行うのが良いと言われています。

ファクタリングの意外な事実

subpage1

売掛債権を売却して資金調達するファクタリングサービスを利用するには、手数料が発生します。そして、手数料はこのサービスを利用する際に最も気になるポイントのひとつと言えます。...

more

ファクタリングの身になる知識

subpage2

3社間ファクタリングの手数料相場は1%〜5%程度と言われています。2社間では5%〜30%程度なので、はるかに手数料が安くなることがわかりますね。...

more

ファクタリングのわかりやすい情報

subpage3

即日現金化できるサービスのファクタリングはどんな時に使うと便利なのでしょうか。取引できる金額に限度があるので大きな設備投資が必要な時には向いていないと言うことがわかります。...

more

難しくないファクタリング

subpage4

会社を経営する上で欠かせないのが事業資金の調達です。上場企業の場合は、公開している株式を売却することで資金を調達することができますが、非上場企業の場合は銀行などの融資に頼ることも多くあります。...

more